認知症の心理と行動~患者の世界から理解する認知症~ | 看護医療ゼミ

認知症の心理と行動~患者の世界から理解する認知症~

開催日 2018年08月12日(日)
時 間 午前10時~午後4時
地 域 東京
会 場 台東区民会館・8階第3会議室(都立産業貿易センター台東館内)
講 師 品川博二先生
受講料 10,000円(税込)
定 員 60名
セミナーコード シナ32
割引適用 会員割引(5%割引) →9,500円
●団体でのお申し込みには割引があります●
2名から4名お申し込みの場合は5%off→9,500円
5名から9名お申し込みの場合は10%off→9,000円
10名以上のお申し込みの場合は15%off→8,500円
お願い 車で来られる方は、駐車場を各自で確保してください。 昼食は各自でご用意ください。
備考 講師プロフィール
日本ケア・カウンセリング協会代表理事
聖路加国際病院精神腫瘍科
臨床心理士
早稲田大学教育学部卒業、東京教育大学教育相談研究所にて臨床研修を修了
医療法人磯ヶ谷病院心理室長を経て、2000年に特定非営利活動法人「日本ケア・カウンセリング協会」を設立
現在、同協会代表理事
全国で「ケア・カウンセリング」の啓蒙を展開。「ケア・カウンセラー」の養成に尽力

このセミナーは日本ケア・カウンセリング協会正会員は8,000円になります。

講師から受講生のみなさんへ

この研修では、私たちが認知症に陥った時、「世界がどのように変貌するのか」という患者さんの不安の視点から理解を試みます。
認知症に関わる全てのケア従事者の皆様に、患者さんの心を受けとめるスキルアップとしてご参加をお勧めします。 (品川博二)

内容

認知症の心理と行動」

~患者の世界から理解する認知症~


(1)「なじみの空間」の喪失

(2)「つながる時間」の分断

(3)「かかわる他者」の疎外

(4)認知症対応の基本的問題

(5)認知症理解の再構築


★日本ケア・カウンセリング協会認定講座 選択科目8単位取得


★受講された方全員に「受講証明書」をお渡ししております★